FC2ブログ

お米の脱穀

脱穀110月18日(月)

はざにかけて乾かした稲を脱穀しました。
脱穀2ハーベスタを使いました。

稲の横までハーベスタを持って行って、稲の束をそこへ通すと、お米の部分だけが下の袋へ入ります。
脱穀3お米の水分量が15%になるまで、天日で乾かしたかったのですが、雨やくもりの日も多く、なかなか乾きませんでした。

およそ1ヶ月乾かし(天気がよければ1週間から10日が平均の日数のようです)ましたが、水分量16.8%。

自力乾燥はあきらめ、乾燥の仕上げと籾摺り(もみすり=玄米の状態にします)を隣町の農機具屋さんにお願いすることにしました。
脱穀4脱穀が終了した田んぼ。
・・・お米の収穫量は?

わたしたちが予想(期待)した量の約半分ぐらいの収穫でした。
最初から上手にはできませんね。
お米作りも難しいなぁ。

「お米が収穫できたら、農作業のお礼にあげて、○○さんにプレゼントして・・」などと考えていましたが、
お世話になった人に差し上げたら、あとは自分たちの食べる分しか残りませんでした。
とりあえず、自家用のお米は確保できたので、よかったです。

たくさんとれると思って、玄米を入れる袋を何枚ももみすりしてくださった農機具屋さんに預けたのですが、「こんなにたくさんの袋、持ってこられても・・・(あなたたちのお米、そんなにないけど)」と、おじさん、やや困っていたみたいです(汗)。

スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

まいにちブルーベリー

Author:まいにちブルーベリー
夢だった田舎ぐらしを98年にスタート。働きながら、夫婦でブルーベリーを育てています。ブルーベリーを生活の中心にして、田舎暮らしを楽しんでいます。