スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B&Bに泊まる

10-bb-iriguti
ヒドコット・マナー・ガーデンを出たのが夕方6時すぎ。今日こそB&Bに泊まりたいなぁ。チッピング・カムデン周辺でB&Bを探します。
B&B TAPLINS を発見!「こんにちはぁー」と玄関を開け、部屋が空いているか聞きます。いかにもガーデニング好きそうなおおらかなマダムが「空いてるわよぉー、どちらの部屋がいい?」と2階の道路沿いの部屋と庭側の部屋を見せてくれました。わたしたちは庭側の部屋に泊まることにしました。http://www.cotswoldstay.co.uk/

夕ごはんはチッピング・カムデンのレストランまで歩いて行くことにしました。マダムにおすすめの店を聞くと、「どのレストランもおいしいわよ、おすすめはジョーズ。」とのことでした。チッピング・カムデンは歩いてすぐ。おすすめのレストラン・ジョーズは貸切のため行けませんでした。とあるレストラン(名前忘れました)に入り、ガーリックマヨネーズで食べたマッシュルームのフライがおいしかったです。10-bb-ahiru

バスルームもとってもかわいかったです。
泊まっていたのはわたしたちだけだったみたい、2部屋ありましたが。

庭のガーデニングがとても素敵だったので、「いつ世話するの?」と聞いたら「毎日よ」と言っていました。夏のイギリスは夜の9時過ぎまで明るいので、仕事帰りにも畑できます。
わたしは英語で話すの大好きー!きのうはキフツゲートとヒドコットに行っただの、今日はシシングハーストに行くだの、いろいろ話します(話してるつもり)。でもでも、マダムの言ってること全然わかんないーー!!いろいろ教えてくれてると思うのですが、いつも聞いてる英語のテープより早いし、くせもあるしで、10%ぐらいしか理解できません。ヒアリングって、難しいーーー!

10-bb-asa

朝食はこんな感じ。
マダムが作ってくれます。
かわいいパジャマを着た女の子が横切ったり、トーストとコーヒーを持ったマダムのだんなさんが通ったりと、本当に親戚の家に泊めてもらってる感じです。


さて朝です。今日はまず、ウィンチクーム手前にあるヘイルズフルーツファームでラズベリー摘みをして、コッツウォルズの町をできるだけたくさんまわって(バイブリーは必ず行きたぁい)、ずぅーっと下に下りてレイコックのキングジョンズ・ハンティングロッジというカフェに行って、それからM4(高速道路)で約200キロ東へ シシングハースト城ガーデンを見て、夜8時にはロンドン・ヒースロー空港のハーツ・レンタカーに車を返すという・・・はずかしいくらい欲張りな予定です。

レッツ・ゴー!(あはっ)
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

まいにちブルーベリー

Author:まいにちブルーベリー
夢だった田舎ぐらしを98年にスタート。働きながら、夫婦でブルーベリーを育てています。ブルーベリーを生活の中心にして、田舎暮らしを楽しんでいます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。